スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
房総へ
2007/01/11(Thu)
1月8日・9日と連休だったので房総へいってきました。
今回の旅のおもな目標はイチゴ狩りとスーパー回転寿司です。

お昼頃出発してアクアラインを通って千葉へ。
それにしてもどうやって海のなかにトンネル造るんだろう?
トンネル造ってから海に沈めても端っこから海水がどんどん入ってきちゃうし、
端っこをふさいでから沈めたらなかで作業ができなくなっちゃうよね?
人が入ってから端っこをふさいで?沈める?わけないなー。なんか犯罪のにおいする。ううむ。しばし世の中の便利で造り方がわからないものたちについておもいをはせる。

そうこうしているうちに最初の目的地、鋸山へ。
鋸山は千葉三名山のひとつで、かつては採石場だったとのこと。
岩肌がぎざぎざに切り立っているため、のこぎりやまというらしい。
なかでも「地獄のぞき」という先細った崖の端っこにある展望台の眺めがすばらしい、
ということで行ってきました。
ロープウェーで山頂までいって、そこからさらに20分ほど石段をのぼると。
ありました、地獄のぞき。ほんとに崖っぷちです。
高いところは全然平気なので崖っぷちぷちまでひょいひょいいくと・・・
沈みはじめた太陽がきょう最後のひかりを惜しげもなく注ぎ込んでいる穏やかな海に、しばし放心。海はやっぱりいいな。

海のない街に生まれて
わたしたち
こんなに海がこころに注ぐ


20070111115745.jpg


宿泊は海から少し離れて、セントシュバインという田園のなかにあるログコテージへ。
コテージ1棟を貸切で宿泊できるので自分の家みたいにくつろげました。
ご主人こだわりの手作りソーセージやベーコンを使った食事は、
ちょっとびっくりするくらいおいしかったです。
ソーセージはもちろん、野菜もすっごく味が濃くて。味付けはいたってシンプル。
ピザもポトフもいままで食べたなかでいちばんおいしかったです。
レストランも併設しているので機会があったらぜひ。ほんとにおすすめです!
房総の朝はほんとうに暖かくて、コテージの前のカウチでひなたぼっこ。
一足どころか三足くらいはやく春を感じてすっかり猫な気分になりました。

春近し
素顔に風をそよがせるわたしに
鼻がかわくよ、という


20070111115801.jpg


チェックアウトしてまず向かったのは南房総フラワーライン。
こちらはちょっと気が早かったようでまだ菜の花がぽつぽつ咲いている程度。残念。
それでもめげずに花摘みをしようと白浜フラワーパークへ。
平日だったせいかほかにお客さんもいなくて閑散としていました。
パークのおばちゃんがもうすぐひらくつぼみの見つけかたを教えてくれたので、
そそくさとポピー(のつぼみ)を20本摘んでパークをあとにしました。
それからいよいよ今回の旅の目標のひとつ、スーパー回転寿司やまとへ。
こちらは平日なのに満席!観光客ではなく地元のみなさんですね。
寒ぶり、しまあじ、いかいかいか(何いかか忘れたけど3種類たべた)・・・
どれも新鮮でぷりぷりでジューシーでおいしかったです。
そのあとデザートにイチゴ狩りへ!贅沢!
なんとなく予想はついていましたが・・・やっぱりハウス貸切状態でした。
平日はすいてていいな、とおもってたけど、ほかにお客さんが一組もいないと、
なぜか話し声がひそひそなったり、あんまりゆっくりしてると悪いかなぁとおもったり、
なんとなく満喫しきれません。われながら小者・・・。
と言いつつ、ふたりで60個ほど(食べすぎ・・・)、
真っ赤で甘~いイチゴ(あきひめ)を堪能しました。
第一歌集、イチゴフェアもよろしくね(?)。

房総は暖かいし食べものはおいしいし、心からくつろげてすごくよかったです。
翌日、つぼみのまま挿しておいたポピーがきれいにひらいていました。

房総の春をとじこめふくらんだポピーのつぼみが
この部屋で、ほら


20070111115812.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | 日々の生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。