スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
かばん6月号5首選
2011/07/02(Sat)
1106-thumbnail2.gif

7月号が届いてしまう前にかばん6月号について(汗)。
6月号は特集号で、佐藤弓生さんの第3歌集『薄い街』&東直子さんの短歌日記『十階』の、
ダブル特集というとっても充実した一冊です。
『薄い街』特集では今回はじめて編集チーフをやらせていただき、
たのしく勉強になる経験をさせていただきました。
二歌集合同企画の『歌から広がる物語』も非常に面白いページになりました。
高原英理さん、西崎憲さん、せきしろさん、松本楽志さん…など豪華な面々に加えて、
わたしもはじめて東さんの一首に寄せて超短編小説を書かせていただきました。

久々に詠草も出したので近日中にアップしたいとおもいます。
さて、きょうは5首選です。

後ろから修飾されてフランス語みたい 恋人、自由な、初夏の 柴田瞳
この歌は今月号のMVP!一読で覚えました。
そして初夏の解放感に満ちた気持ちのよい日に、必ず思い出す歌となるでしょう。
初夏生まれの瞳ちゃんにぴったりの一首ですね。
この歌の後に「ニトリの三徳包丁」が出てきたりするのが、
この作者の面白さでもあると思うのですが、
あまりにも掲出歌がいいので今回はもう少し余韻に浸りたかったなぁ、
というのが正直な気持ち。

砂浜の手持ち花火の燃えかすのその辺りから色褪せてゆく 若草のみち
夏の終わりとともに「色褪せてゆく」ものを感じさせる叙情的な歌。
「その」という指示語の、たたみかけつつちょっとぼかす、ずらす効果が巧く出ています。

さ」のやさしいカーブを見れば思い出す それは別れなのだと気づく 柳谷あゆみ
4月号に引き続き「カーブ」の歌。
今回は一字空けによって「カーブ」と「別れ」は直接は付かず、
「カーブ」を見て「思い出す」何かが、
「別れ」に繋がるというワンクッションが色々想像させて切ないです。

流星が群れ来る。空という荒野――そこに蒔かれる種籾として 山田航
言葉も韻律もイメージも、美しく、そして強い。
はかなくロマンティックなイメージを持つ流星を、
これから大地に根を張る「種籾」に喩える力強さ。
復興の応援歌にも読めますね。流星群を見てみたくなりました。

朝、出掛けに降っていた雨はもう上がり今は凶器にしか為らない傘 睦月都
雨が止んで用が無くなった傘は結構短歌のモチーフになっている気がしますが、
こんなに意表を衝かれたのははじめてかも。
「凶器」にはしないだろうけれど、
「凶器にしか為らない」と静かに思っている女性に潜むかすかな狂気が怖いです。

(5首には入りませんが)8首目の、

十メートル先を右折で樹海です この先目的地周辺です
もすごい。怖い。淡々と、でも導くように(まあそれが仕事なんですが)、
行き先を告げる機械のお姉さんの声が耳に聞こえてくるようです。

最近五首選すると作者さんがかなりかぶっているような。。。
作者で選んでいるわけではないのですが、好みが偏っているようで。。。
でもやっぱり今月好きだ!とおもった歌をそのまま出していきたいとおもいます。
スポンサーサイト
この記事のURL | いろいろ感想文 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。