FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
イチゴ狩りへ
2010/03/02(Tue)



先週イチゴ狩りへ行ってきました。
隣町にイチゴ狩りをやっている農家が5軒ほどあり、
家から車で10分くらいで行けてしまうので、
おでかけ気分はあまり味わえませんでしたが…

息子は人生初のイチゴ狩り。
大好物のイチゴを前にどんな反応を示すかそれが一番楽しみだったのですが…

想像以上(笑)

はじめはおとなしく私や夫が採って渡したイチゴをうれしそうに食べていましたが、
しばらくするとその場のシステムを理解したらしく、
畝の間に座り込み自分でイチゴを狩りはじめました。
そしてヘタがついたまま口の中へ…(泣)
慌てて取り出そうとしても頑として口を開かない…
傷んだイチゴでもどんどん獲ろうとするので、
結局ヘタのところをつまんで持ってあげて採らせました。

粒が大きいと口からイチゴの汁をだらだら垂らすので、
できるだけ小さいのを選んで採らせようとすると、
いっちょまえに他の大きなやつを指差して『こっち!』と催促。

今日だけは好きなだけ食べさせてあげよう、と夫と言っていたのですが、
さすがに途中でこんなに食べて大丈夫!?と不安になるほど食べた息子。
その数、推定20個以上…確実にわたしより食べていました。

ちなみに夫は今回は30個程で満足したようです。
以前館山でイチゴ狩りをしたとき、
50個以上食べて帰りの車でお腹が痛くなり(当たり前だ)、
それはそれは大騒ぎだったんですが、
さすがに彼もお父さんになって落ち着いたようです。

制限時間の30分を過ぎたので息子の手を引いてハウスから出ようとすると、
案の定手をふりほどいて戻ろうとするので暴れる息子を抱き抱えて強制終了。
息子はハウスを出てからも隙をみては戻ろうとするので参りました。

写真を見ると楽しそうというより必死な顔をしているものが多くて、
まぁそれはそれで貴重な体験だったのかなーとおもいます。

イチゴの品種は「紅ほっぺ」でした。甘かったです。
はじめて食べたのですが、個人的には後味がもう少し爽やかな「とちおとめ」のほうが好みです。


イチゴフェア開催中!の幟揺れ人は前にしか進めないこと 風花
スポンサーサイト
この記事のURL | 日々の生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<わらべうたの会 | メイン | 消防署へ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kazeutahanauta.blog80.fc2.com/tb.php/69-dee38530

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。